株式会社愛住ビルガイア

ビルメンテナンス

給湯設備点検

給湯設備は、建物全体に温水を送るためになくてはならない設備です。
不具合が発生しますと、建物全体に温水が供給されません。ボイラーを正常に維持するために欠かせないのが、年1回の「法定点検(ボイラおよび圧力容器安全規則)」と、「定期自主点検」です。
法定点検では、性能検査と消耗部品などの交換・整備・内部の清掃を行います。定期自主点検は、ボイラーの燃焼の異常のないこと・水質に異常のないこと・圧力など運転状態の確認を行い、安定した省エネで高効率の運転にすることが重要です。貯湯槽は年1回の「法定点検」と、「定期自主点検」が必要です。

法定点検では貯湯槽の水を抜き、洗浄・殺菌・水質検査を行います。
圧力容器(第一種圧力容器・第二種圧力容器)は、年1回の「法定点検(ボイラおよび圧力容器安全規則)」を行います。性能検査と消耗部品などの交換・整備・内部の清掃を行います。
機器の点検に伴い、給湯ポンプ点検・配管からの水漏れ・バルブの機能確認など給湯設備全体の点検も実施します。(ポンプ点検についてはこちら

主なサービス内容

  • ボイラー
  • 貯湯槽
  • 圧力容器(第一種圧力容器・第二種圧力容器)
給湯設備点検